本光寺、別名「三河のあじさい寺」に行ってきました! 【後編】

前回の続き。

お寺の境内には定番のあじさいだけでなく、
“がくあじさい” やちょっと変わったあじさい、
そのほかの植物の姿もありました。

まずはガクアジサイ。(読みにくいのでカタカナ表記。)

がくあじさい

外側だけをスポンジや布を使ってちょんちょんっと染めたような、
ざっくりとした色合いがかわいい。

ピンク色も鮮やかで濃厚で、すごくキレイ。

八重のがくあじさい

八重咲きのものも。

そういえば、あじさいは日本原産なんですけど、
日本に昔からあったのはガクアジサイやヤマアジサイ。

現代で最もポピュラーとされる、まるっとした形のあじさいは
ヨーロッパで品種改良されて、逆輸入(?)されたものが広まった、
という突然の豆知識。

ところで写真のあじさいは、
ガクアジサイなんだろうか、
ヤマアジサイなんだろうか?(´ヘ`;)

ガクアジサイとヤマアジサイって
どういう風に見分けるんだろう…と思って調べてみたら、
素人判断では難しいかも、という内容発見。

そうなのかー。
じゃあ「ガクアジサイ」で統一しておきます。( ̄m ̄*)
違っていてもご愛敬ということで。

で。

柏葉あじさい

上の八重咲きとちょっぴり似ている
あじさいを発見。

でもこれは…

柏葉あじさい

柏葉あじさい(カシワバアジサイ)、というあじさい。d(・ω・*)

あじさいの葉っぱは、まるっとしていて
フチがギザギザしているものが多いと思います。

でもこの柏葉あじさいの葉は大きな切れ込みがあり、
色も紅葉したかのような色を帯びており、その風情がなんともいい感じ。


* * * * *

境内ではユキノシタも発見。
木陰でひっそりと、でもわらわらと咲いていました。

ユキノシタ

…そういえば、ユキノシタもあじさいと同じように
日陰が似合う花だなぁ。

その近くでは、もみじがたくさんの種をつけていました。

もみじの種

残念ながら、種がくるくると舞い落ちる姿は見られず。

フキの葉に隠れるようにして
こんなにかわいらしいお地蔵さんも。

お地蔵さん

ほのぼの。

立派なカメラを持ったお姉さんが
低ーい姿勢で何かを撮ってるなぁ…と思ったら、
このお地蔵さんでした。よく見てるなぁ。

お寺とあじさいはとてもしっくりくる組み合わせですね。
そしてこのお寺には約 10,000 株のあじさいがあるのだとか。

愛知県有数のあじさい観光スポットとして紹介され、
たくさんの人が写真を撮りに来るのにも納得です。

以上、あじさいの季節を堪能できて満足満足。
また来年も美しいあじさいが見られるといいな。(●´艸`)