賃貸マンションのわが家にも、お正月の花を。

あけましておめでとうございます。

…よかった、ギリギリこのあいさつが使えた。
松の内も今日までなのでね。

というわけで、あっという間に 2016 年を迎えました。
更新停滞気味の当ブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

前回の指輪の記事が途中なのですが、
年末年始を挟んでしまったので今日は別の話題です。

昨年末、わが家に飾るお正月の花を生けました。

何となく立ち寄ったファーマーズマーケットで見つけた、小さなセット品です。
500 円くらいの格安商品。笑

紅白の葉牡丹、千両と若松がセットになってこの値段とは、さすがファーマーズマーケット。
使えそうなものを吟味してきたので、無駄なく使うことができました。

メインは紅白の葉牡丹、それに千両をあしらって、
若松はスッとまっすぐ立たせました。

若松は縁起物であり、また真っすぐ上へ上へと伸びていく性質でもあることから、
できるだけ直立するように生けること、と習いました。

全体的に見るとこんな感じ。

2016 お正月

最初に生けたときはもう少し葉牡丹も千両も丈があったのですが、
枯れはじめた葉を取って茎を切り、それに合わせて千両の生け方も変えています。

しかし、松は脇から生えている横枝を利用したくて長さをほとんど変えていないので、
だいぶ長く見えてしまっています。

実物はもう少しまとまって見えるので、これは写真の腕の問題ですね。_| ̄|○

ちなみに、花器は夫の母が生前に作ったもの。

なんでも、習い事などはとことん突きつめて妥協を許さないタイプだったとのことで、
この花器も素人が作ったものとは思えず、そして花の心得もあったのでとても使いやすいのです。

すごいなぁ。

そうそう、昨年末はわたくしの実家にもお正月の花を生けました。
数年ぶり、そしてお歳暮代わりに。だってわが家の花の 6 倍以上の値段だもん。笑

わたくしの通ういけばなの教室では、一年最後のお稽古がお正月の花なんです。
花屋さんが用意する、たくさんのセットの中から好きなものを注文してお稽古します。

で、このセットが本格的すぎて大きすぎて、
とても賃貸マンションに飾って愛でるというサイズではないんですね。

南天や梅の枝がどーん、立派な鉄砲百合がどーん、大きな菊や葉牡丹がどーん、
みたいな豪華なもので、どう見ても、どう考えても一軒家サイズです。

わたくしの実家は一軒家なのでちょうどよし。
お正月は枝や花を余すことなく豪華に生けるのがミソ。

…ってその写真もないわー。来年、いや今年の暮れに期待。

それにしても、生けたあとの手入れに少しだけ手間はかかりますが
(どんどん首が伸びて、頭が重くなって倒れる)
葉牡丹、かわいくて好きなんですよね~♪

葉牡丹

葉っぱなのに花に見える感じが好きです。
ちなみにこの白い葉牡丹の直径は 7, 8 センチといったところ。小ぶりなのがまたツボ。

もともとわたくしはわが家用の花を生けるつもりはなかったというか、
そういう考えすらありませんでした。

夫のリクエストで生けることにしましたが、
季節を感じさせるものが部屋にあるというのはやっぱりいいですね。

年末年始は玄関に飾っていましたが、
お花などを頂いたことで玄関にモノが溢れているので、現在は居間に移動。

くつろいでいるときに視界に入って、なかなかいい感じです。

お正月の花を上から

年が明けたところなのに気が早いですが、
また今年も何か生けられたらいいな~と思います。