結婚指輪は HIROUMI (ヒロウミ) で。【前編】

ようやく続きをば。

松坂屋名古屋店の宝石サロンに恐る恐る足を踏み入れたわたくしに
声をかけてくださった、物腰の柔らかそうな店員、F さん。

まだあやふやではっきりしていない、わたくしの要望を聞いてくださいました。
そのときなんとなくイメージしていたものは、

  1. 色はシルバー
  2. わたくしのはゆるやかなカーブのある優しいイメージのもの
  3. 夫のは、わたくしのとなんとなくペアと分かればそれでよし

くらい。

なんてざっくり。笑

とりあえず、イメージを具体的にするため、片っ端から試着。
で、最後の最後に試着したのが、ヒロウミさんのマリッジリング。

HIROUMIは、1930年の創業よりハイジュエリー制作で歴史を積み重ねる宝飾加工アトリエのオリジナルブランドです。オートクチュールで培った技術と感性で、逸品物からマリッジリングまで、等しく想いをこめて手作りにて大切に制作しております。

指輪をつけた瞬間、やわらかく包み込むような、
でもしっかり&しっとりと指になじむような感覚にびっくり。

今までの試着では感じなかった着け心地に思わず
「なにこれ?すごくしっくりくる…。」と口にしてしまいました。

F さんもニコニコして、「ですよね~、みなさんそうおっしゃられます。」と。
そして F さんの結婚指輪もヒロウミさんのものでした。

なんだかもう値段なんか見ずにこれにしよう!と決めましたよ。

その決意後、どんなブランドか、どういった指輪なのかを詳しく聞いて
ますますこれだ!と確信。

でも夫にも(一応)確認しなきゃということで、
とりあえずその日はパンフレットだけ持ち帰り、指輪のことを夫に語る語る。

週末さっそくお店を訪れて夫にも指輪を見せ、試着してもらいました。

残念なことに夫にはわたくしほどの感動は訪れませんでしたが(笑)、
この指輪にする、という大切な一点は納得してもらうことができました。

で、そこからデザインを依頼して注文して、しばらくじっと待ちました。

ひとつひとつ丁寧に作られていること、ほかのオーダーもたくさん抱えていること、
シルバーウィークもはさむのでちょっと時間がかかるとのことで。

そんなこんなで出来上がった指輪はこちら。

HIROUMI

あら素敵。

サイズは夫が 16.5 号、わたくしは 6.25 号です。
なにその小数点、なサイズですよね?

それもわたくしがヒロウミさんに惚れ込んだ理由のひとつで、
大きさをここまで細かくオーダーできるんです。

試着ではさすがにそのサイズは試せないので、店員さんたちと話し合って、
数回お店を訪ねて指の太さを確認してお願いした数字ですが。

そして、ラッキーなことに F さんの指のサイズも細かったので、
ご本人の結婚指輪を拝借して何度か試着させていただきました。

で、結果は夫もわたくしもジャスト!なサイズで大満足です。(●´艸`)
店員さんの見立ても、ヒロウミの職人さんも凄い、のひとこと。

丁寧に包んでいただき、帰宅。

ジュエリーケース

受け取ったときはまだ実感がわかずに、リアクションが薄かったわたくしたち。
家に着いてから、じわじわと指輪買ったんだ~と自覚しました。笑

指輪はレースをあしらったかわいらしいケースにちょこんと収まっていました。

で、わたくしたちは普段指輪を身につける習慣がないため、
まずは土日などの外出時につけることにみることにしました。

ですので収納ケースもほしいところなんですが、頂いたケースは真っ白。
使うことで汚したくないな~ということで、大切にしまってあります。

そして指輪といっしょに、指輪の写真も頂きました♪

指輪の写真

デザインの特徴がはっきりとしている写真。
わたくしの写真よりもずっと美しくて指輪の良さがよく分かる。さすが。

ちなみに、写真奥にあるのが指輪とそのケースです。

まだ書き足りないので、
次回は指輪のこだわりポイントについて書かせてください♪

つづく。

トップへ戻る