夏真っ盛りを表現した自由花は、色鮮やかな組み合わせ。

あじさいを見に行った日(前編後編)のお稽古の後の話。

この日の帰宅後、夫の自由花をわたくしが勝手に生け直しました。
(夫の作品はダイナミックすぎて家に飾れないサイズだった)

自由花

ガーベラ、デルフィニウム、ヤツデを使っています。

特筆すべきはヤツデの美しい緑色!ヽ(*´∀`)ノ

新緑と成熟した緑の中間のような、
人間でいうところの青年というか、
生命感あふれるなんとも美しい緑。

ヤツデの葉はもともとツヤツヤとしていますが、
なぜかこのヤツデは人目を引くほどのツヤツヤオーラを放ち中。

花材を見たとき、わたくしはヤツデの美しさに目を奪われましたが、
先生もまた、ヤツデの美しさを口にしておりました。

自由花アップ

花は真っ赤なガーベラと、
やや淡い青色のデルフィニウム。

ガーベラの赤色はとても強く、わずかに黒色を帯びた迫力の色合い。
デルフィニウムは白に近いものから水色まで、さまざまな色合い。

赤!緑!青!と、それぞれ主張しながらも
しっかりと調和している作品になったかと。

つやめいて鮮やかな色合いは、
元気よく生い茂る植物たちにサンサンと太陽の光が降り注ぐ、
真夏の情景そのまま。

ガーベラ

見たままを撮るって難しい…。
実際にはもう少し深みのある赤色をしているガーベラ。

デルフィニウム

わたくし大好きデルフィニウム。

もっと濃い青色や、ラベンダーカラーの
デルフィニウムもあります。

青い花というのは探すと少ないもので、
このようなはっきりとした青色の花は貴重です。
紫色の花は多いんですけどね。

以前の花展では、オレンジ x 青 の組み合わせで
デルフィニウムをよく使っておりました。

ガーベラもデルフィニウムもヤツデも、
花持ちがよいのも嬉しい特徴。d(・∀・*)

このような素敵な組み合わせを用意してくれた
花屋さんにも感謝です◎

トップへ戻る