これは使えます♪ナチュラルキッチンの花びんを使って、お花をちょい生け。

わが妹に教えてもらった雑貨屋さん、ナチュラルキッチン。大阪発祥の(基本)100 円ショップです。

ナチュラルキッチン・ナチュラルキッチン& 5月の新商品には 〝Feminine Marine Style〟をテーマに さわやかなマリンカラーのインテリアアイテムが入荷します。 シェルやヒトデモチーフのオブジェを飾って 初夏のリゾートスタイルをお部屋に取り入れてみませんか。 夏のレシピにぴったりなプレートには シーフード...

かわいくて使えそうなものはないかと、仕事帰りに立ち寄ることがあります。100 円なのでついうっかり買ってしまいそうになりますが、本当に使うのか、長く使えるのか、などを吟味してから購入するようにしています。

そんな中で「これは使える」「これを使っています」と声に出して言えるもののひとつは “花びん” です。

季節が変わり、商品の入れ替えが行われても同じように置いてあるのを見かけますので、おそらく定番商品なのではないかと推測しています。(売れていないだけだったらごめんなさい。)

ナチュラルキッチン

サイズを測ってみたところ、高さ 14 cm, 挿し口の直径 2 cm, 一番太さのある部分は直径 6 cm でした。

縦長のフォルムなので、高さのある花を生けるのに向いています。

上の写真の全体像はこんな感じ。

カーネーション

頭が重い場合は水をもう少し入れますが、カーネーションの花が軽かったので最低限の水の量にしてあります。茎の表面に触れる水が少ないほど、花も茎も長持ちしますので。d(・ω・*)

こちらの花びん、実はブログにこっそり登場しています。

カンパニュラを生けてみたり。

ナチュラルキッチン

ところで、花びんの表面はつるっとした透明ガラスではなく、縦ラインの模様が入っています。これが使いやすいポイントのひとつです。

花にもよりますが、たいてい茎の部分は美しく見えないことが多いんですよね。そんなとき、すりガラスのような役目を果たす花びんの表面が、そのアラを隠してくれるのです。

カンパニュラ

そのときの記事はこちら。

先日のいけばなでは生花新風体のお稽古をしたわたくし。そのとき夫は自由花のお稽古を...

またある日は、スイートピーを生けてみたり。

ナチュラルキッチン

口が狭い花器というのは、実は花を生けやすいもの。口が広く、底も広いタイプはバラバラと広がって雑然とした見た目になりやすいんです。まとまった見た目に仕上げるには、花材がたっぷり必要になりますし。

少しだけ花を飾りたい、というときは口の狭い花器が断然おすすめです。( ´∀`)

スイートピー

そのときの記事はこちら。

なんだか甘ったるいイメージと、いわゆるひまわりとかマーガレットのような分かりやすい花の形とは違う...

すでに「ナチュラルキッチンで買った」と紹介していますね。

そして最近、ボリュームのある葉物もかっこよくキマることが分かりました。

ナチュラルキッチン

モンステラです。夫が自由花のお稽古で使ったものを生けてみました。

モンステラ

こういうアングルから見るとデザイン性の高い、幾何学的なフォルムに見えてきます。とてもイモ科の葉っぱとは思えない。( ̄m ̄*)

今の季節は冬ですが、どちらかというと夏向きの飾り方かと。モンステラは日持ちしますし、エアコンの効いた部屋でも丈夫さを発揮してくれる頼もしい花材のひとつです。

ツヤのある葉が部屋を明るく見せてくれますね。ヽ(*´∀`)ノ

いかがでしたか?

こちらのナチュラルキッチンの花びんは “ちょっと花を飾りたい” というときに重宝すると思います。難点を挙げるとしたら、草丈の短いものは生けづらいこと、頭を重くすると倒れる、ということですかね。

参考までに◎

トップへ戻る