清涼感を出すのにぴったりの花材、キソケイ。

キソケイ

夏になると見かける花材、そけい。

主に自由花の緑の花材として使ってきました。ですので、これまでのお稽古では花がついていることはなく、常に枝葉のみの姿で登場。

ところが今回は初めてのつぼみが。黄色の花だったんだ!と帰宅してから調べてみたら、どうやら「キソケイ」つまり、黄色のそけいであることが分かりました。

キソケイ

そけいの枝は木のようにしっかりとしているのですが、色は緑色をしていて、はさみを入れると簡単に切ることができる不思議な質感なのです。これは枝なのか茎なのか…。どちらかというと茎に近いのかな。

お稽古で登場したのがひさびさということもあり、木物(きもの)として扱っていたのか、草物(くさもの)として扱っていたのかを失念してしまいました。

まあ、今回は自由花でしたのでそのあたりは問題なく。

キソケイ

レモンイエローでもなく、山吹色でもなく、まさに黄色!といった色合いが鮮やかでとても美しい花です。葉も黄色の要素が強く、明るくさわやかな黄緑色をしています。

葉の形はシャープですっきりとしているので、より涼しげに見えます。昨年あたりから、巷ではおしゃれブロガーを中心にドウダンツツジがブームのようですが、そけいにもそれに負けない魅力があると思います。が、むしろ流行らないでほしい。笑

キソケイ

深く、濃い緑色から、明るい緑色へと変化していく葉のグラデーションも美しい。

そけいのことをほとんど知らないので少し調べてみたところ、”ソケイ” は “ジャスミン” 属であることがわかりました。

つい先日、近所を歩いているときにジャスミンのようないい香りのする白い花を見つけたのですが、まさにそけいだったのかも!(←暗くてよく見えなかった)

お稽古時はつぼみだった花も、数日すると最初の写真にあるようにかわいらしく開花。開いた花からはうっすらと水仙に近い香りがしていたのですが、ジャスミンの香りだと思って嗅げば、そのように感じたかもしれませんね。

花は数日でぽろりと落ちました。よくよく考えてみると、そんな生態もまさにジャスミンと同じ!気づかなかったなぁ…。

暑い部屋の中でも数週間元気だったキソケイ。お花屋さんではあまり見かけないけれど、家で飾るのにおすすめです◎

キソケイ

トップへ戻る