目の覚めるようなビタミンカラーが印象的、グランモンテのマンゴージャム。

ジャムの話ばかりで恐縮です。

他にも載せたいものやことはあるのですが、写真の用意が追いつかない状態で。それでも、ジャムの話はこれで一段落です。

というわけで、またまたジャムのお話。

以前紹介した、タイの赤ワインジャム。

タイのワイナリー、グランモンテの赤ワインジャム。
タイへ旅行した夫がワイナリーで購入した赤ワインジャム。赤ワインのジャム...

夫は、もうひとつジャムを購入していました。

それがこちら、

マンゴージャム

マンゴージャムです。

なんだか懐かしいチェックの布が可愛らしい。

ラベルには、

グランモンテ

ワイナリーの名前 “GranMonte asoke valley” 「グランモンテ・アソーク・バレー」が小さくも自己主張。

食べ方は、これまたいつもと同じですみません、プレーンヨーグルトと共に。

マンゴージャム

色鮮やかな黄色、キラキラとしたビタミンカラーが食欲をそそります。

なんだか気分まで楽しくなる感じ。(●´艸`)

使用しているうつわもしつこく guma guwa です。

guma guwa の小さなうつわ、小さな花びん。
わたしたち夫婦は、特に夫は、沖縄旅行が大好きです。ちなみに今月末も、行きます。そんな沖縄で見つけたやちむんを紹介したく...

最初の印象は、まぁ普通においしいよね、といったものでしたが、何度も食べるうちにじわじわとそのおいしさにはまりました。

わたくし的にマンゴーの味はほとんどわからないのですが(目隠しされたらマンゴーだとは気づけないレベル)、酸味と甘味のバランスがちょうど良く、後に残るほんのりとした風味がとてもいい塩梅。

大きさの異なる果肉の食感があり、それもまた変化があっておいしいのです。なんだか分からないけど、おいしい果物のジャムだな、という味わい。

成分が気になって確認したところ、

タイ語

読めない。…ではなくて、

成分表

そうそう、こっちこっち。

砂糖のほかには、マンゴーとマンゴージュース…。律義と言いましょうか、日本人とは違う細やかさが伺えるタイの成分表です。それにしても、マンゴー的成分が合わせて 52 % も含まれているとは。

トーストやアイスクリームに、なんて書かれています。ヨーグルト味のアイスにも合うんだろうな~…って発想がヨーグルトから離れないわたくしです。

マンゴージャム

夫いわく、タイではそこかしこにマンゴーの木があり、どれもたくさんの果実をつけていたのだとか。品種はペリカンマンゴーだろうとのこと。

以前、沖縄は宮古島の農園で見せてもらった、ハウスの中で 1 本 1 本ひとつひとつ大切に育てられていたマンゴーの扱いを思うと、タイとの違いに驚きます。

ヨーグルトとジャムを混ぜ混ぜしながら、まだ見ぬタイの地に思いを馳せるのでした。

以上、めずらしいジャムをごちそうさまでした◎

トップへ戻る