お土産におすすめしたい浜松銘菓、春華堂のうなぎパイ 2 種と浜松文明堂の茶ってら。

うなぎパイV.S.O.P

静岡県の西部地方出身のわたくし。愛知県に引っ越すまでは、県外へ出かける際の手土産といえばほぼ必ず春華堂のうなぎパイを選んでおりました。

うなぎパイは全国的にも有名なようで、今のところ知らなかった人はおらず、かつ、とても喜んでおいしく食べてくださる人ばかりでしたので、毎回とても重宝しておりました。

今は浜松市内に「うなぎパイファクトリー」なる場所もあり、見どころの少ない浜松市の貴重な観光スポットとなっています。しかし、製造工程には企業秘密が多く、個人的には工場見学っぽさが少ない気がいたします。(浜松はとてもいい地域だと思うのですが、あくまでも生活に適した地であり、観光地ではないんですよね…。)

とまあ、浜松といえばうなぎパイがとてもメジャーなお菓子ですが、ほかにもいくつかおすすめのお菓子があります。

それらの中でも、わたくしがおいしい!これ好き!というもの、かつ、日持ちするお菓子、お土産に買って帰るのに適したお菓子を記録しておきたいと思います。

定番の「うなぎパイ」もいいけれど、変化球の 2 種がおすすめ

昔はうなぎパイといえば 1 種類だけでしたが、今は少しバリエーションが増えました。その中でおすすめなのが真夜中のお菓子「うなぎパイ V.S.O.P」と、ナッツを使った「うなぎパイ ミニ」です。

うなぎパイ V.S.O.P を初めて見たときはギラギラのパッケージに度肝を抜かれたものです。それまでのイメージとあまりにもかけ離れていて。

うなぎパイV.S.O.P

そんなパッケージに包まれている中味もまた、それに見合うゴージャスさがあるのです。

なんといっても香りが違う!開けたとき、コクのある香りがふわーっと出てきます。この時点では、お酒っぽい香りではありません。

そして口に入れる瞬間、その香りが強く鼻に届き、舌では甘さの中にお酒のほろ苦さをかすかに感じるのです。コクがあり、いつものうなぎパイとは一味違う味わいになっています。

うなぎパイV.S.O.P

これはやはり大人向けのうなぎパイ。

でも高価なのが玉にキズ。ほかのうなぎパイと並べられると、見た目といい値段といい、いろんな意味で際立っております。ちなみに、このうなぎパイ V.S.O.P は帰省した際に友人が買ってくれたものです…。

もうひとつのおすすめは、ナッツ入りのうなぎパイです。

大きなサイズもあるのですが、自分で買うのはもっぱらミニサイズ。なんというか、ちょこっと食べたいときに重宝する大きさなのです。10 本入り。

うなぎパイミニ

持ち運びには箱よりも袋のほうが便利。割れやすいけど、かさばらない。

うなぎパイミニ

表面に粒々と何かくっついているのが分かりますか?多分ごまだと思うのですが。

ノーマルのうなぎパイと食べ比べてみると、香ばしさに違いがあるのに気づきました。単独で食べただけでは違いは分からないのですが、買うならこっちだよな、と無意識にこちらを手に取る辺り、わたくしはこちらのほうが好みなんだな~と思っております。

このナッツ入りのうなぎパイ、昔は東名のサービスエリア限定の商品だったはず。今はそれ以外の場所で買えてしまうので、めずらしさが失われたのは少々がっかりポイントでもあったりします。

浜松文明堂にしかないカステラ、「茶ってら」がおいしいのです

唐突に話は変わりまして。

文明堂といえばカステラ、カステラといえば長崎、というイメージが強いですよね。文明堂は文明堂でも、おすすめするのは浜松文明堂のカステラで、その名も「茶ってら」。お茶所のイメージを強く押し出した一品です。

茶ってら

ちなみに浜松文明堂、根っこは同じですが、文明堂とは別会社なんだそうです。へー。

わたくしはいつも浜松駅構内にあるお土産コーナーで購入しております。数年前まではお土産コーナーと同じフロアにお店があったのですが、いつの間にか撤退してしまいました。現在は、うなぎパイなどと一緒に置かれています。

売られているのは、個包装 2 個入りタイプと、ハーフサイズの 2 種類。ハーフサイズは長さが 15 センチ弱くらいだと記憶しております(測ったことない)。

茶ってらハーフ

店舗があった頃からハーフサイズしか売られておらず、フルサイズは見たことがありません。浜松市内の大きなお店に行けばあるのかもしれませんね。

でですね、こちらの茶ってら、上半分はお茶のカステラ、下半分は普通のカステラになっており、それをどら焼きの皮で巻いたという、”粉もの + 粉もの” の贅沢な組み合わせ。どら焼きは皮しか食べないわたくしにとっては夢のような商品なのでございます。

なお、お茶のカステラではなく、ハニーカステラを巻いた「カステラ巻」、カステラ巻を富士山型にした「富士山カステラ」もあります。富士山カステラは見たことない…。

茶ってら

茶ってらの何が好きかといいますと、まずは食感です。カステラも皮も柔らかいのだけれど、歯ごたえのあるどらやきの皮と、しっとりとしたカステラ、これらを同時に食べると異なる口当たりであるのがよく分かります。カステラだけでは物足りない食べごたえを、どら焼きの皮が補っている感じ。

そしてカステラ。お茶のカステラは見た目に楽しいだけでなく、ちゃんとお茶の味わいがあるのです。別々にかじってみるとよく分かります。全体的に甘いのですが、お茶部分が味の引き締めを担っている、そんな味なのです。

カステラの両端に塗られている、あんこのような風味もまた良し、です。どら焼きは皮だけ食するわたくし、皮に薄~く貼りつくあんこならウエルカムなので。って、ただのわがままですかね。汗

手軽に食べられる個包装もいいですが、自分で好きな大きさにカットでき、よりふわふわな質感と食感を楽しめるハーフサイズがおすすめです。d(・∀・*)

まとめ

最後にお店のサイトなどをまとめておきます。

●春華堂 – うなぎパイのページ

・うなぎパイ V.S.O.P: 5 本入り 909 円(税抜)から (賞味期限 60 日)
・うなぎパイ ミニ: 10 本入り 660 円(税抜) (賞味期限 40 日)


●浜松文明堂 – 茶ってらのページ

・茶ってら: 今回アップ分の商品価格は失念…。賞味期限は常温で 20 日です。

以上、浜松へお越しの際、手土産に迷ったら参考にしていただけると嬉しいです◎

トップへ戻る