長期優良住宅の補助金制度と、家の引き渡しまでのスケジュール。

長期優良住宅とスケジュール

大手メーカーでは当たり前の話だという「長期優良住宅」。国土交通省の Web サイトにも「長期優良住宅のページ」があります。

いい状態で長く住める家に越したことはないので、わたくしたちは工務店で「長期優良住宅」の条件を満たした家を建てることにしました。

長期優良住宅の認定と補助金の申請をしました

まずは「長期優良住宅」の認定をもらい、補助金をもらうための申請をしました(工務店さんが)。これは企業で言えば中小限定の補助金制度なんだそうです。

補助金を受けられる枠の数が決まっており、通るかな…どうかな…というなんとも言えない状態でした。

消費税アップを前にしていることもあり、最近は新築の件数が増えて申請件数も増えているのだそうです。

それでも先月に申請が通りまして、無事 100 万円の補助を受けられることになりました!よかった!

長期優良住宅の申請をすることで設計料が上がるなど、実際はまるまる 100 万円が手元に入ってくるわけではありませんし、なんやかんやで消えていくお金ですが、やっぱり大きいですよね。

ただ、この補助金制度は今期で終了するとのことでしたのであしからず。

わたくし、「長期優良住宅」という言葉を知ったのが最近ならば、それに関することもさっぱりで、家づくりを進めながら具体的に学んでいる状態です。

長期優良住宅は、いろんな縛りがあるとのこと。たとえば、窓や玄関などのサッシも断熱性能や高気密性能を高めるためにいいものを使わねばなりません。

また、本当はキッチンとリビングの床に段差をつけたかったのですが、断熱の関係で不可となりました。

ほかにも、断熱材をたっぷり入れるので床下収納がほとんどできないなど、何か変わったことをしようとすると NG になるかも、設計士さんに確認します、というやりとりが何度もありました。

間取りも一度申請をしてしまうと、次の変更が大変になります。これは、家の履歴書というものを作成する関係だから、とのこと。

どういうことかといいますと、何か変更が発生すると分厚い書類の書き直しが発生し、しかもそれを請け負うのは建築士さん。

報酬の高い建築士さんに対して大きな手間が発生し、それに伴ってお金もかかってしまうので、申請後・書類提出後は極力変更なしで、というのが理由です。

ちなみに、それらの変更過程も履歴書に残すのだそうです。たしかに大変ですね。

わが家完成までのスケジュールはこんな感じです

そんな長期優良住宅の認定制度ですが、建てた後に現場での確認検査があります。そして、その検査が 8 月と決まっているため、必然的に 8 月には家を完成させねばならない、というエンドが決まりました。

8 月完成から逆算していくと、4 月末に上棟、それまでに必要があれば地盤改良、その前に地鎮祭…となります。

もうちょっとだけのんびり建てられると思っていたので、心理的には少しバタバタです。笑

ただ、それだけ早く入居できますし、今の住まいとの 2 軒持ち状態が短くなりますので、それはそれで嬉しいところ。

工務店さんからも、ちょっと早いペースですが手を抜くことはないし、必要な個所は外注してきちんと建てるので大丈夫です、との言葉をもらっているので安心・信用しています。

なお、つい数日前の話ですが、地鎮祭はつつがなく終了いたしました。

長期優良住宅とスケジュール

わたくしの父が神職でもあるので、ぜひとも!と父に地鎮祭を依頼。当日は父と、助手として妹も遠方からかけつけてくれました。本当にありがとう!

今住んでいる地域と実家のほうでは祭礼のしきたりなどに違いがあり、ちょっぴりバタバタとしましたが、その場にいた全員で協力して終えることができました。

親に地鎮祭をしてもらうなんてなかなかできることではないですし、父と妹に土地を見てもらい、工務店さんを知ってもらうこともでき、なによりとてもいい思い出になりました。

ただ、残念なこともひとつありまして、それが地盤調査の結果です。何もないこと、改良なしであることを願っていましたが、軟弱な部分があって一部改良が必要とのこと。

この費用があれば内装をさらに希望通りにできるのに…!!と思わなくもないですが、家が傾いてしまったら元も子もないので、これは大切な費用であると納得もしています。

最終的に、家の引き渡しと新居への引っ越しは 9 月になる予定。

限られた時間ではありますが、じっくりと家づくりに取り組みたいと思います◎

ブログランキング

***

現在、家づくりジャンルでブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

***

スポンサーリンク




トップへ戻る