ツアーで行くよりも断然安かった!シチリア旅行の費用と、泊まった宿のリスト。

シチリア旅行のインデックスはこちらからどうぞ。

ご無沙汰しておりました。イタリアのシチリア島から帰国しまして、帰宅後は洗濯や片付けに追われ、ようやく...

line_herb

シチリア旅行、ようやく最後のまとめです。

…と思っていたのですが、表にしてまとめていたら長~くなってしまったので、今回は旅の費用と利用した宿について書きます。

まずは旅費から。タイトルに書いてしまっていますが、今回の個人旅行は旅行会社の企画するツアー代金よりもかなり安く収めることができました。

旅行の話が出た当初は大手旅行会社のツアーも検討していまして、候補に考えていたのは「イタリア周遊 9 日間」「シチリア満喫 10 日間」といった類のもの。

添乗員付きのツアーばかりを探していたのである程度の高さは予想していたのですが、ひとりあたり安くても 60 万円くらい。良さそうなものは 80 万円越えなども。うーん、それにしても高いなと。

わたくしは過去にこういったツアーに参加経験があるので、便利さは分かっていても食事の良し悪しや移動スケジュールの過密さ・過酷さを思うと、ツアーを強くは押せず。

なんやかんやでオール個人手配で旅をすることに。

結果、今回の旅費ですが、航空費、宿泊代、食事代、お土産その他もろもろすべてまとめて、なんと夫婦ふたりで 586,353 円!ツアーの一人分よりも安い!びっくり!まあその分、いろいろな労力はかかりましたがね…。┐(´-`)┌

お金をかけて楽をするか、自分たちで考えて動いて手間をかけて安く済ませるか、の違いだと思います。

以下、簡単な内訳です。

種類 金額 備考
航空費 ¥165,280 楽天トラベルにて手配
交通費 ¥57,305 レンタカー代, 駐車場代, ガソリン代
宿泊費 ¥170,928 booking.com (楽天トラベル) にて手配
食費 ¥176,753 ワイナリーの見学 & 試飲費用, ワインやクリームなどのお土産代を含む
観光費 ¥7,961 遺跡の入場料など
その他 ¥8,307 SIM カードや化粧品の購入費用など, わずかながら関税も

※クレジットカードについては引き落とし時のレートを、現金については両替時のレート 119.2 € を適用しています。

現地ではこまめにメモしたり、レシートをもらうように心がけていたので、ほぼ漏れはない…はずです。

続いて、利用した宿について。表は左上から、宿の名前、2 人分の宿泊費、住所の順になっています。利用してみて感じたことも簡単に書いてみました。

カターニア

Zappala’ Gemelli House 200€ / 2泊
Via Zappala Gemelli 4, 95121 カターニア, イタリア
ウナ ホテル パレス (UNA Hotel Palace) 174.6€ / 1泊
Via Etnea 218, 95131 カターニア, イタリア

最初の 2 泊はアパートメントタイプの B & B (ベッド & ブレックファースト)。ドゥオモ広場や市場へのアクセスがとてもよい好立地で、広くゆったりとしていて良い宿でした。そういえば、唯一浴室の水漏れもなくて快適でした。

ウナ・ホテル・パレスは超をつけてもよいくらいの高級ホテル。地下に駐車場も完備。

バスタブのあるホテルで、朝食がなじみのあるバイキング形式。チーズやハムなどもおいしく、朝からスプマンテも飲みました。掃除のおばちゃんにチェックアウトを急かされ驚きましたが、それ以外のスタッフの対応は良好。

ただ、車を運転して向かう場合、歩行者天国や市場というトラップがあるので注意が必要です。

ラグーサ

ジャルディーノ スル ドゥオーモ (Giardino Sul Duomo) 129€ / 1泊
Via Capitano Bocchieri 24, 97100 ラグーザ, イタリア

おそらく家族経営の、こじんまりとしたペンション的な B & B。値段的にはホテルですね。施設はどこも新しくてピカピカでした。プールまであります。

オーナーに助けられましたし、ホテルからの眺めは素晴らしいですし、おいしいリストランテは近くにあるし、素敵ポイントがいっぱいでした。

ラグーサはまた行きたい場所のひとつ。ラグーサを再訪するなら、この宿にもまた泊まりたい。今回予約できたのは一番広いスイートルームで、バスルームが無駄に広かったです。笑

タオルミーナ

photo by 夫

マルサラ

ディモーラ ディ シャルム カッサロ 168 (Dimora di Charme Cassaro 168) 220€ / 2泊
Via XI Maggio 168, 91025 マルサラ, イタリア

場所は最高に良かった!観光地でもあり、地元民も行き交う大きな通りの中にありましたので。その分、駐車場は遠いし、罰金を払わされそうになるしで不便さもありました。

なぜかお湯の温度は夜になると低くなって寒い思いも…。広くて新しくおしゃれな部屋で、使い心地はとても良かったのですが、ちょっと困ることもあったので次はどうかなぁ、という感じです。

パレルモ

Hotel Italia (ホテル イタリア) 50€ / 1泊
Via Roma 62, La Kalsa, 90133 パレルモ, イタリア

古い建物を直しながら使っているのであろう、まるでレトロなマンションのような佇まいのホテル。ホテル・イタリアは 5 階にあり、エレベーターが使えるので大きな荷物があっても楽ちんです。

安さといい、シンプルさといい、まさに日本のビジネスホテル。古いのですが、清潔で何も問題なかったです。ホテルの小さなロビーから見下ろす、パレルモ駅周辺の夜景がとても美しかったです。

あ、お風呂とトイレは古く、最初びっくりしました。朝食はチェックイン時に時間とメニューを指定、時間通り(むしろちょっと早めくらい)に、部屋まで運んでくれました。

ミラッツォ

Cassisi Hotel 110€ / 1泊
Via Cassisi 5, 98057 ミラッツォ, イタリア

おっかさん、おかあちゃん、といった言葉がぴったりのマダムが仕切っていたモダンなホテル。

特筆すべき良さは思いつかなかったものの、雰囲気もよし、部屋もよし、アメニティもよし、朝食もよし、立地もよし、とすべてが平均点以上といえる快適ホテルでした。朝食べたシンプルなブリオッシュがおいしかったなぁ。

あ、教会がすぐそばにあって、その鐘の音がやや気になりました。かなりこまめに鳴らすので。

車はホテルの目の前に路駐。目の届く場所で、なんとなく安心できました。

カプレーゼ

タオルミーナ

ホテル タオドムス (Hotel Taodomus) 220€ / 1泊
Corso Umberto I 224, 98039 タオルミーナ, イタリア

絶壁にあるタオルミーナの街は、その高低差から宿選びが重要だと思い知りました。夫チョイスは大正解。高い場所にあったホテル・タオドムスは、かなり値段もお高いのですが設備もサービスも立地もいうことなしでした。おすすめです。

あ、ただ、階段しかないので、大きなスーツケースの場合は労力がいるかも。わたくしたちは 2 階でしたので比較的ラクでした。朝食は屋上の眺めの良いテラスにて。アツアツの卵料理も食べられます。

カスティリオーネ・ディ・シチーリア(カターニア県)

Firriato Hospitality Cavanera Etnea Resort & Wine Experience 108€ / 1泊
Contrada Verzella n 35, 95012 Castiglione di Sicilia, イタリア

部屋の有料ドリンクには赤ワインのフルボトルが!さすがワイナリーの宿泊施設。

たらふくワインを飲んですぐに寝られる幸せを味わい、ぶどう畑以外何もない山のリゾートを楽しむには絶好の場所です。

車でないと難しい場所にあって街が少し離れているので、場合によっては夜の食事に少し困るかも。でも、お酒を飲まないのであれば問題ないと思います。

朝食ではワイナリーで作られているオリーブオイルを試すこともできます。

フィウミチーノ(ローマ)

ヒルトン ローマ エアポート (Hilton Rome Airport) 205€ / 1泊
Via Arturo Ferrarin 2, 00054 フィウミチーノ, イタリア

ホテル内の食事は高いのに味はイマイチ、サービスもフロントもなんだか横柄で…。部屋のエアコンは言うこときかないしで、唯一よかったのは立地くらいかな。たぶん、もう利用することはないと思います。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

パレルモのホテルイタリアの安さが際立っていますね。

お風呂は基本的にバスタブなしのシャワールームでしたが、洗い場との段差が小さくてほぼどの宿でも水浸しに。使う前からバスマットがびちゃびちゃという…。

ホテル探しの際、水回りの口コミは見つけられなかったので、そこは盲点でした。

そして、快適だった B & B タイプの宿について。カターニアとマルサラで利用しましたが、両方とも予約時にチェックインの時間指定が必須。その時間の前後に管理人、もしくはフロントに誰かがいるというシステムでした。

ラグーサの宿でも、オーナーは 19:30 までなら事務所にいるから…という話をしていましたので、夜は自宅にいたのかも、です。

で、カターニアのチェックアウトでは無人ということでアワアワしました。ラグーサではスーツケースの鍵をなくしてオーナーに助けてもらいました

こういったハプニングがあった場合、もし連絡がつかなかったら、事務所に誰もいなかったら…と思うとゾッとします。滞在時にはフロントに必ず誰かがいるという、日本では当たり前のことが実はありがたいことだったんだな、と感じました。

まあでも、シチリアのどの宿も泊まって良かった、というのが正直な感想です。比較的お高い所を選んだのもよかったのかも。

慣れない異国の地では、しっかりと休息を取るというのがとても大切なことだと思います。分からないことだらけで大変でしたけれど、じっくりと選んで(←夫ですが)本当によかったです。

シチリアの宿選び、少しでも参考になれば幸いです◎

トップへ戻る