だから好きだったんだ! 1D のデビュー曲「What Makes You Beautiful」

どうもどうも。

日本では某アイドルグループの解散だなんだと騒がしい今日この頃、
ふと思い出したのは、3 月から活動休止に入るワン・ダイレクション、通称 1D(ワンディー)。

デビュー時から現在にいたるまで、一挙手一投足が注目されてきた彼ら。

多くのヒット曲を世に送り出し、洋楽のヒットランキングを気にしていれば
嫌でも彼らの曲は耳に入ってくるくらい、よく売れています。

そんなわけで、洋楽を少々聴く程度のわたくしでもデビューから曲を知っておりまして、
中でもデビュー曲が一番好きです。

これ。

● One Direction / What Makes You Beautiful

初めてこの曲を聴いたとき、曲の感じが懐かしいというか古いというか、
そんなイメージを持ちつつ、明るくて爽やかでスーッと耳に入ってきたのを覚えています。

その後も順調に曲をリリース、そしてヒット。

例えばこの曲は日本の CM で使われていたのでご存知の方も多いはず。

● One Direction / Story of My Life

こんなビッグアイドルを起用できるとはさすが電電公社と思ったものです。( ̄m ̄*)

で、この CM 曲が売れ始めた頃、アルバムを 2 枚購入しちゃいました。

主にシングル曲だけをピックアップして聴いていましたが、今もふと聴きたくなって選ぶのは
やはりデビュー曲の “What Makes You Beautiful”。

なんでだろう?と思ってたんですけど、最近ようやく気づきました。

それはですね、すごく「ピュア」なんです、この曲が。

歌詞は直球ストレートなラブソングで、聞いてるこっちが恥ずかしくなるような
青春全開な内容で。でもそういったことではなくて。

あ、いや、それもあるか。すみません。

曲の内容もそうですけど、彼らの声も初々しくて楽しそうで、
雰囲気というかエネルギーというか、なんかキラキラしているように聴こえるのです。

boy

その後の曲を聴くと、良くも悪くもピュアさが失われてしまいワイルドな感じに変化。
まさに子供から大人への成長といったところでしょうか。

今の 1D も、もちろん素敵だと思います。

最初に比べるとみんなすごくおとなびてカッコよくなったな~と思うし。
女の子たちが黄色い声援を送るのも納得。

“Story of My Life” は曲だけでなく、MV もいいなと思います。
(歌詞はビデオの内容と全然違うんですけどね。)

ただ、曲だけでいえば、やっぱりデビュー曲が一番好きだなと思うわたくしです。

デビュー曲なだけに、曲もすごく入念に作られているというか、
周りの大人も一生懸命サポートしたんだろうな~という雰囲気すら感じます。

ちなみに、彼らが今までにリリースした曲の中で一番ヒットしたのは
デビュー曲の “What Makes You Beautiful” だったりします。

なんかこう、わたくし的にすごく納得しました。

参考までに◎

トップへ戻る