アシンメトリーなブルーネックレス

[旧ブログ “うつくしきものたち。” 過去記事]

誕生日プレゼント第二弾。

ちなみに第一弾はこちら

pekka りんから、もひとつプレゼントを頂きましたよ。

ブルーネックレス

ネックレス。

つくづく思うのですけど、何かを作れるってすごい強みですよね。

贈り物をする場合、ぴったり合ってなおかつ喜ばれるものを探してくる、
というのも才能と思います。

その一方でこうやって “自分で作っちゃおう!” とできてしまうのも
これまたすごいなぁと思うのです。

そんなわけで、ネックレス。
さすがわが妹、姉の好みを 120% 理解した上で、
その上をいくアクセサリー作っちゃいました、みたいな。

グレイがかったようにも、赤みを帯びているようにも見えるブルーのキューブビーズ。
高級パーツ(pekka りん談) という、瓜(うり)のようなアンティーク風パーツ。
コットンパールに(わたしは勝手に紙パールと呼んでいる)。
透け感のあるハトのチャーム。

選ばれたパーツたちをアシンメトリーにまとめています。

わたしは骨格がきゃしゃなので、あまり大ぶりなアクセサリーは似合いません。
そのあたりを押さえつつ、冬になると毎日着るタートルニットに合わせてつけられるよう、
全体的なボリュームは少し多めに、チェーンも太めに長めにしてあるという心憎い演出。

いやー、オサレ番長はさすがですねぇ。
うーん、美しい。

普段、pekka りんがすごーく材料を吟味しつつ(ついでに値段と格闘しつつ)、
あれこれ悩みながら時間をかけて作品を仕上げることを知っているので
なんかこう、余計に嬉しいものですねぇ。

こちらはさっそく使っていますよ。
とてもいい感じでございます。

pekka りん、ベリーベリーサンクス!

ではではまた◎

※この記事は 2014/11/25 に旧ブログにて「アシンメトリーなブルーネックレス」の
タイトルでアップしていたものを加筆・修正して再アップしたものです。

トップへ戻る